Top > ニュース > 新設住宅 45年ぶり80万戸割れ

新設住宅 45年ぶり80万戸割れ

最近は、土地などの値段は安くなっているのですが、新築マンションや新築一戸建てなど減っているようです。


国土交通省が30日発表した2009年度の新設住宅着工戸数は、前年度比25.4%減の77万5277戸となりました。


2年ぶりに減少し、1964年度(76万4619戸)以来、45年ぶりに80万戸を割り込みました。


雇用や所得環境が厳しく、消費者が住宅購入に慎重となり、住宅メーカーや不動産会社が供給を抑制し、減少率は74年度(28.5%)に次ぐ2番目の大きさとなりました。


いくら安くても、それ以上に将来不安などの方が大きいのでしょうね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

新設住宅 45年ぶり80万戸割れ

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://natura.boy.jp/mt/mt-tb.cgi/20

コメントする

ニュース

関連エントリー
吉野家HD 2年連続の営業赤字ゆうパックの遅配 正常化宣言は週明け以降キャプテンEO復活 ファン興奮平面上に3D映し出す技術開発ANA 格安航空会社を新設へプレステMove 日本発売は10月iPhone4 予約開始に長蛇の列首相「はやぶさ2」開発推進へ実現予測 31年に宇宙旅行普及口蹄疫 運搬車が感染経路か宮崎の種牛49頭の殺処分終わるタイ騒乱でバリ島観光が活況アイスランド 火山活動が低下無花粉スギ 花粉症対策で期待結婚時、相手に求める貯蓄額とは?天安沈没 魚雷スクリュー発見竪穴式住居を壊す 中学生送検どん兵衛ヒットで日清最高益ギリシャ 公務員がストを開始カツオ漁本格化 入荷増で安く米原油流出 非常事態宣言4州に新設住宅 45年ぶり80万戸割れ たばこの箱にロゴ禁止へ オーストラリア最後の高速1000円GWで渋滞は?殺人の時効廃止を即日施行エヴァコンビニ、人気ありすぎでイベント中止 火山灰がヨーロッパの政治や経済の影響か