Top > 政治 > 科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」

科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」

「世界に冠たる快挙」なのに予算は減額されてしまっています。


宇宙航空研究開発機構の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還に、菅内閣からは14日、冒頭の仙谷官房長官の発言をはじめ絶賛が相次いだが、科学技術予算を削り込んできた民主党政権の"現金さ"にあきれる声も出ています。


菅首相は同機構の川口淳一郎教授に電話し、「日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした」と称賛し、宇宙開発担当の前原国土交通相も「宇宙開発史に画期的な一ページを加えた」との談話を発表しました。


しかし、後継機の開発費は、麻生政権の2010年度予算概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで5000万円に、さらに「事業仕分け」を経て3000万円まで削られています。


福山哲郎官房副長官は記者会見でこの点を問われ、「今回の成功を受け、11年度予算は検討したい」と述べました。


これをきっかけに、パフォーマンスだけで、必要な予算を削って、子供手当てなどの無駄な予算をつけるような事業仕分けは、やめてもらいたいですね。

日本の国力を削ぐことにしかなりませんから。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://natura.boy.jp/mt/mt-tb.cgi/99

コメントする

政治

関連エントリー
頼みは郵政票 民主が文書送付普天間に滑走路1本沖合移動案首相 消費増税還付の年収言及科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」子供手当て満額断念 母親たち冷めた反応菅新首相の支持率62.4%菅新首相 普天間は合意踏襲旧小沢事務所 ゼネコンの福田組が提供首相が普天間陳謝、続投表明小沢氏、再度不起訴の方針クリントン長官 21日にも訪日内閣支持続落で19% 時事調査社民反発 5月政局本格化仕分け第2弾、盛り上がらず 大量迷惑メールで衆院に障害